教育と福祉の窓口を一本化する

【教育と福祉の窓口を一本化する】

<さっきあっちの窓口で同じことを言ったのに、また言わないといけないんですか? そういう負担をなくしたい。弊害ある制度を直すために動く 伊藤大輔>

 子どもが生まれてから、妊娠期間も含めて、人生の中で教育(幼稚園・学校:学校生活の相談=文部科学省)と福祉(保育園:子育て・障害等の相談=厚生労働省)が関わってきます。
 ところが、両方とも子どものためにつくっている機関・部署・制度であるにも関わらず、それが双方繋がらないことによって、その制度がうまく使えていないことが多くあります。これはおかしい。
 教育と福祉が繋がらないことには救えない。教育には言ったのに、福祉では聴いていない。これは本当の子供のためにならないです。それが制度によって弊害が起きているのであれば、どうしようもないではなく、制度を直したい。
 私は教育と福祉の窓口一本化実現に向けて動いてきました。現在は子ども未来センターで総合相談窓口(教育と福祉の合同事務所)を実現させました。