伊藤大輔の3期12年 「やってきたこと」「やっていること」大解剖

伊藤大輔の3期 12年「やってきたこと」「やっていること」大解剖

なぜ「動く」のか?何に「動く」のか?どうして「動く」のか?
伊藤大輔の3期12年「やってきたこと」「やっていること」大解剖

テーマは「教育」と「福祉」を繋げる

役所のルール、行政の予算、古くからの国の決まり・・・。どうしようもないことではなく、制度が問題なら制度を直す!進化させる人。それが伊藤大輔!

教育、子どもの環境づくり

議員と市民の前に人と人。困っている人の代弁者になるためには、訴え改善できる立場にならねばならない。だから議員をやっているのです。

制度が原因で子どもの可能性を断ち切っているのであれば、その制度は直すべきです。これからを担う子どもたちの未来を創ること。それが私の使命です。

伊藤大輔12年で取り組んで実現させてきたこと、取り組んでいること

想い
  • 伊藤大輔が励みにしていること
    「次から来る人たちのために私は喜んで彼らの踏み台になりたい」単純にこういう大人になりたいと思いました。伊藤大輔の政治家としての大義名分
  • なぜ私が議員をやるのか
    制度が原因で子どもの可能性を断ち切っているのであれば、その制度は直すべきです。これからのを担う子どもたちの未来を創ること。それが伊藤大輔の使命
  • 政治の役割
    個を救うには土台の改善から。システム、仕組みをつくり変えるのが政治の役割。個の訴えに繋がる源はどこだ!? 根っこから見直すコーディネーター。それが伊藤大輔
教育・福祉
  • 教育と福祉の窓口を一本化する
    さっきあっちの窓口で同じことを言ったのに、また言わないといけないんですか? そういう負担をなくしたい。弊害ある制度を直すために動く 伊藤大輔
  • 教育と福祉の本物の統一を目指す
    日野市はできている。なぜ立川市はできないのか? できないんじゃなくて、やるかやらないかでしょう。私はやる! 伊藤大輔
  • 教育と福祉の問題改善に取り組むようになったきっかけ
    介助員が休むとその子は学校にいけない。あまりにも非合理な状況を正す。教育と福祉の矛盾を改善する。それが伊藤大輔
  • 介助員制度改善に向けて動く
    避難訓練の日は介助員が大変だから玄関で待たせる。何のための避難訓練だ。介助員を責めるのもいけない。根本から向き合い解決を目指す取り組みを断行中 伊藤大輔
  • 教育と福祉が繋げる
    議員の仕事は間違いを正すだけではなくて、世に知らしめる役割も持っているんです。すぐに改善ができなくても、議事録に残すことで未来に可能性を残すんです。伊藤大輔
  • 教育と福祉と当事者たちの情報共有
    しっかりと情報共有し適切なサポートができなければ子どもが辛い。担当者の負担軽減、情報共有の弊害をなくす。これが子どもたちのストレスを減らすことにも繋がる。だから担当者のことも考える。それが伊藤大輔
  • 教育の底上げとは
    『教育』には「教師」と「育師」がある。育師イズムが騒ぎ出す。子どもたちに仕方がないと諦めさせる環境なんて良いわけない。それを改善させるのが伊藤大輔
教育
福祉
議会
  • 議会改革の本質
    「議員の給料を減らせ、議席を減らせの世論の声。なぜそう言われているのかの本質は議員の質を上げること。議会改革の本質と向き合う。それが伊藤大輔
  • 議員報酬条例改正
    任期が1日でもあれば月額支給されていた給料を日割り計算に改正。60年間誰もメスを入れなかったことを伊藤大輔は当たり前に正した
  • 議員休暇規則に「妊娠」項目を導入
    「出産」は「死亡またはその他の事故」で括るのはおかしいですよね。項目に「出産」と盛り込んだだけの小さなことかもしれませんが、そういうところから認めていく空気が大事だと思う伊藤大輔
  • 行政と政治家
    行政の強みは専門性。でも行政ができない事はつながる横ぐしのところ。そこを議会が支える存在になること。伊藤大輔の役割はそこです
行政改革
子ども
教育と福祉を活用する利用者のたらいまわし、何度も同じ説明をさせるなどの負担をなくしたい 教育(幼稚園・学校:学校生活の相談)=文部科学省福祉(保育園:子育て・障がい等の相談)=厚生労働省子ども未来センター総合相談窓口一本化を実現
利用者の負担をもっと軽減させたい 校務支援システムへ福祉情報も入れる(提案中)
担当者の負担軽減や情報共有の弊害をなくす 社協・介助員・教員・親が入った協議会を立ち上げる
担当や先生の負担を減らし、地域人材を活用させる 非合理を総括的に改善。社協がコントロールする
介助員や相談員の雇用問題の改善をしたい 雇用数や賃金の見直しなど(提案中)
予算がないならつくりましょう。ハード面の整備 防犯カメラ改修、雨漏り対策。校庭や電灯の改修等
給食アレルギー調査の仕方を改善し事故を防ぐ 事前申告制から漏れをなくすために全員提出制へ
発達障害の早期発見の仕組みをつくる 保育園や幼稚園を専門家が巡回。子どもの発育相談。相談事業と医療が連携し専門家に繋がる体制に。専門家と関わる環境を広げる。
発達障害の早期療育の仕組みをつくる 発見した後の病院の数か月待ちをなくすため、医者と定期的な枠をとる仕組みをつくる。
子どもの貧困対策 子ども食堂6カ所。無料学習塾(育て上げネット)
議会改革。なぜ任期が1日でも月額支給されるの? 議員報酬条例改正。途中からは日割り計算支給へ
出産・育児休暇に関する項目がないの? 「死亡またはその他事故」に出産休暇を規則へ導入
アナログだけでなく、便利なものは活用しよう iPad導入で情報迅速化、情報公開を推進
行政改革。図書館・くるりんバスの市外の人とも共有 市税だから市内だけではなく、市民の生活圏に寄り添った街づくりを目指す。図書館は実現。バスは提案中
選挙の投票は決められた場所でなくても投票したい デパートや駅などへの設置で投票率向上(提案中)
都市農業の減少を食い止める。 農家の食材を給食で活用し農家の収入源確保、子どもたちに地域の食材にふれる機会をつくる。また農地は防災にもつながる(提案中)
小学校・中学校の敷地内の道路や水路代を借地料として年間890万円を財務省に教育費から払っている。将来負担の軽減をしたい 使っていない土地の無償提供を国に打診するも国は反対。土地を買い取ることで、将来890万円を教育に使えるようにする(提案中)
歩者分離信号で交通事故を未然に防ぐ 曙橋交差点に設置実現。市内各所に広がっている。
規制から始まる街づくりではなく、考え実行できる街づくりにしたい 町中音楽フェス「いったい音楽祭」で実現。
小児救急の準夜間診療を毎日にしたい 平日ほぼ毎日診療ができるように改善させた
深刻な人ほど発信ができない虐待・DV・孤独死をなくしていきたい。早期発見ができるリーチ方法 新聞・電気・郵便・ガスなどの民間会社と協定を結ぶ民間協議会設置を実現させた。また相談員増員も。

※現在も多数実現に向けて多数取り組んでいます。

PDFでのダウンロードはこちら >>